わたしの箱庭

わたしのファンタジーライフについて

読書する

f:id:katze6:20210806221910j:image先日文庫本を一冊読み終わりました。

2年くらい前に本屋さんでなんとなく手に取って購入したのですが、積み本になっていたものです。

ストーリーは短く内容は穏やかで、章によって話し手が変わるので面白く、昼休みに少しずつ読むのにちょうどいい感じでした。

f:id:katze6:20210806221851j:image

読み終わったとき思ったのは「読みながら場面をイメージできてた」こと。あ、読書を楽しむってこういうことだったと気が付いたんですね。

思い返すとここ2、3年ちゃんと本を読めていなかった気がします。

漫画は読んでも読んだだけ、文庫は買って袋に入れたまま。そういえば去年友達から借りた人事の赤本も全然読み進められず、何で読めないのかと苛立ったのを思い出しました。

Kindleで購入した本も読了感がなく、3周くらいしてましたね。通勤中に少しずつ読んでいたので何とも思いませんでしたが、これは読書とはいえませんね。

鬱になると本が読めなくなるといいます。

そこまででなくても、疲れてると読まなくなりますよね。食べる寝る…残った力は生きるために必要なことを優先に行いますから、体力気力に余裕がないと読まないですね。

なので、私はだいぶ元気になってきたのでは?と思っているところです。

先週末にKindleで好きなイラストレーターさんの本を買ったついでにもう一冊増やそうと思い選んだ本がちょうど読書リハビリにうってつけでした。

物語ではなく、ローマ人の一日を描写していて…朝の支度のシーンでいうとYouTubeで見かけるモーニングルーティンを見せられている、そんなかんじです。

古代ローマの素材はたくさんあるので皆さんどこかで見ていると思います。なので書いてあることは割とイメージしやすいのではないでしょうか。

私は映画のグラディエーターも観ましたし、セスタスもテルマエロマエも読みましたし、ローマにも2度行きました。章はまだ朝8:40ですがなんとかついていけてると思います。

ドラマのROMAは見ていないんですよね。見ればよかった…

いつか見ましょう

 

24時までまだまだありますので、ゆっくり楽しみながら読み進めます。

挿絵も解説もほぼないので、カリガエってなんだ?となったら検索したりしてます。それも楽しいですよ。

 

好きなイラストレーターさんの本はこちらです

豆しば こつぶ --はじめまして

豆しば こつぶ --はじめまして

  • 作者:キリ
  • 産業編集センター
Amazon

Kindleも本屋と同じで出会いとタイミングだなと思います

 

f:id:katze6:20210807041629j:image

話を戻しますが、疲れていると読書に限らず娯楽に時間を使えなくなっていきます。

私は趣味にしていたものをたくさん失いました。時間をかけてかき集め趣味と言えるようにしていったものですが、やらなくなるのはあっという間でそれをもう一度始めるのは大変力がいります。

でも過去に自分ができてたことなので、きっかけさえあればまた手にすることができるはずなんですよね。

前に少し編み物の話をしましたが、どうぶつの森で箱庭療法 32 - わたしの箱庭 これもコツを思い出すのに時間かかっています。かつては毎日編んでいたのにね。

編み方や読書の仕方を思い出せたように、やる気の出ているうちに少しずつ取り戻していきたいと思います。