わたしの箱庭

わたしのファンタジーライフについて

映画 〜山桜

f:id:katze6:20211025072629j:image桜の季節ではありませんが、好きな映画のお話です。

アタシも手塚殿に桜手折って貰いたいぃー💕と友達とはしゃいだのも懐かしい思い出です。若かったよ。f:id:katze6:20211025072635j:image

 

今はお幸せでござろうな?→幸せじゃないヨォ〜!

2人の交流シーンてここしかないんですよ。あとはそれぞれ離れたまま進んでいく。

切なさ炸裂。ラストは野江さんと一緒に涙ポロポロ🥲

東山さん、背が高くて足が長いので腰の位置が高いせいか周りとバランスが合わず袴姿に違和感があるんですが、それはそれで大変良いものです。

原作はこちらです。

野江さんの手痛い選択ミスにあちゃー!ってなる。


f:id:katze6:20211024211459j:image

f:id:katze6:20211024211501j:image

短編なのに本でも泣いた。

遠藤周作は文庫本でたくさん出てますよね。いくつか映画化されてますが、こういう短編集から設定混ぜたりしてるのがわかります。

時代劇ロマンス悪くないです。f:id:katze6:20211024211424j:image

懐かしくなったからまた観たい。本は捨ててないけど見つからないのでKindleに入れました。読んで10年前を思い出そうかな。

 

こちらもまた設定が切ない…

本は未読なので、次の候補にしましょう。